太陽光発電

太陽光発電

今話題の太陽光発電 。省エネブームにも乗り、設置する人が増えているようです。

いまどき通販 > 太陽光発電

太陽光発電 メリット デメリット

なんでも、メリットとデメリットがあるものです。 では、この太陽光発電 のメリットとデメリットは何か?

まずはメリット 1 電気代・ガス代を節約 2 太陽光なので環境に優しい 3 非常用電源になる 4 節電意識が高まる 5 余剰電気を売れる これ以外にも、補助金がもらえるとか、低金利のソーラーローンが利用できるとか
省エネリフォームの時の所得税控除ができるとかパネルの断熱効果で夏は涼しくて、 さらに、冬は暖かくなって節電効果がアップするなどのメリットがあります。 こうして、CO2削減した価値として、自家消費した発電量に応じて対価をもらえる、 グリーン電力証書などの制度も最近始まっています。

次にデメリット
1. 費用の大きさ 2. ソーラーパネルが屋根に場所をとる 3. 太陽光なので発電量が天候などに左右される 4.忘れがちだけどメンテナンスが不可欠 5. 屋根の状態により、取り付けできない場合がある これ以外に、業者選びに失敗すると、悪徳業者にだまされる危険もあるということ、 また環境によっては、積雪などや潮風による塩害や反射光への対策が必要になる場合もあることも、デメリットになるかもしれません。

結局、太陽光発電 はメリットとデメリットどちらが大きいか? メリットとデメリットのどちらが大きいかは、節電や売電の利益と、 かかる費用のどちらが大きいかが決め手になるかもしれません。 これらについてはそれぞれの家庭の状況しだいなので、まずは業者に費用の見積もりを出してもらうとはっきり分かります。 大事なのは、見積もりを頼むときには、トラブルを防ぐためにも、複数の業者の見積りをとることが自治体などでも推奨されています。

太陽光発電 補助金

補助金が出るので、太陽光発電の設置も考えている人も多いでしょう。 実は、補助金は国から出ているものなので限度があるようです。 平成25年度の補助金に関して、なくなるとか言ううわさも出ています。

平成26年3月31日までというのが基本ですがもしかしたら 車のエコカー減税のように、一時的に延長というのもない話ではありません。 あくまで予算しだいですので予算がなくなれば平成26年3月31日までという話もなくなり、
もっと早くに打ち切りになるかもしれません。
補助金を受けたいなら、まずは見積もりだけでも取っておいたほうが良いでしょう。
   ↓    ↓

太陽光発電 トップへ戻る